ボディケア

自動車塗装面への障害

 下記に示すものは、自動車の塗装面における代表的な症状です。
ほとんどのものが、研磨作業などで、回復させることが可能です。
このような症状から塗装面を守るために、ボディケアが必要になります。

mushi

虫の付着

夏に多い症状です。あまり長い間放置すると取れなくなってしまいます。トラップネンドなどで除去できますが、放置しすぎると跡が残ることがあります。

雨染み

屋外で洗車したり、通り雨などで雨の後が付着しています。蒸発する瞬間に不純物が焼きついた様になります。特に濃色車に多く、研磨しないと取れないことが多いです。

kousa

黄砂

春先に多い症状です。黄砂が固着して取れなくなってしまいます。放置しすぎると、研磨しないと取れません。


mizuaka

水垢

汚れが、雨などで流れ落ち、黒く筋になって残ります。放置しすぎると洗車では取れなくなってしまいます。きついものは研磨しなければなりません。

sensya

洗車キズ

洗車機やワックスがけによる、細かいキズが重なって、ツヤがなくなってきます。研磨作業で細かいものは除去することが出来ます。

tori

鳥の糞

繁殖期や鳥の種類によって、酸性がきつく、放置すると塗装が侵され、輪郭が残っています。こうなると研磨して除去することが出来ます。


ボディケアの紹介


テフロン加工
七五オリジナルのボディケアです。水洗いのみで汚れが落ちます。
≫テフロン加工について詳しく見る

スーパーガラスコーティング
人や環境に配慮したボディガラスコーティングの最高峰。その圧倒的な輝き、耐久性を実感して下さい。
≫スーバーガラスコーティングについて詳しく見る


バリアスコート
洗浄および保護艶出しができる多用途コーティング剤です。
≫バリアスコートについて詳しく見る


撥水洗車
ボディの色に関係なく、強力撥水皮膜が形成されます。
≫撥水洗車について詳しく見る